ソニー生命 ライフプランナー山本正明公式サイト へようこそ

t_kaigo.html

介護保険について

民間の介護保険の仕組みについて知りたい

「公的介護保険」を補完する「生命保険会社の介護保険」

介護を考える場合、要介護状態にならない健康づくりが何よりも大切になりますが、もし介護が必要となった場合どうしたらよいのでしょうか。まずは社会保障制度としての「公的介護保険」がベースとなります。それでも不十分な場合には、自助努力として公的介護保険を補完する方法に「生命保険会社の介護保険」があります。自分や家族のニーズに合わせて介護保険を選びましょう。

* 生命保険会社の介護保険

保険契約に定める所定の要介護状態になった場合、現金を受け取れる保険で、給付内容は「一時金(介護一時金)」「年金(介護年金)」「一時金と年金の併用」の3タイプがあります。

加入方法としては、

▼終身保険などの主契約に「介護の特約」を付加する方法

▼主契約として「介護保険」に加入する方法

があります。どんなときにどんな保障が受けられるのかを確認して、
自分の生活設計にあった介護保険を選択することが大切です。

* 「介護の特約」と「介護保険」の保障内容

保障の対象となる要介護状態
▼保険会社が定める所定の「寝たきり」と「認知症」状態が対象です。

▼要介護状態が、保険会社が定める所定の期間継続していることが給付の要件です。

▼公的介護保険の要介護認定に連動して給付を受けられるタイプも取り扱われています。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional