ソニー生命 ライフプランナー山本正明公式サイト へようこそ

hoken5.html

エピローグ

私自身の経験より、皆様にお伝えしたいこと。

最後に、私のライフプランナーとしての原点をお話いたします。

「保険の大切さ」「それを伝えることの大切さ」を実感した出来事でした。

ソニー生命に転職して数ヶ月の頃、前職の先輩のところへ営業へ行きました。場所は淡路島。
往復すると高速代だけでも5000円がかかる場所でした。
みなが忙しそうに私の前を過ぎ去る中、一人の先輩に、「契約が取れないと交通費もでない仕事らしいな。」といわれました。

その言葉にあやかり「そうなんです。交通費ぐらい稼ぎたいので、入る入らないは別にして、お話だけでも聴いていただけませんか?

と聞くと、 「判った。聴いてあげよう。」といってくださいました。

そこで私が2時間熱心にお話すると、納得され、その場で気持ちよく保険の申し込みをしてくださいました。

ところが、数日後、その先輩のTさんの同僚Aさんから電話が入りました。

「先日、保険の勧誘にこられてましたが、Tさんは保険に入られましたか?」

という質問でした。

「証券はまだ届いていないと思いますが、審査は通りましたので、もう保険に入れていますよ。」

と答えました。

Aさんのお話によると、Tさんは、その日の朝、脳梗塞を発祥し、入院されたとのことでした。
4ヶ月の入院、リハビリの後、後遺症は残りましたが無事退院され、給付金も全額出ました。
その結果、Tさんからは、今でも感謝される立場になりました。

責任開始日の大切さを痛感すると同時に、こちらこそ感謝しなければならないのに、感謝され、本当に保険の大切さ、 伝えることの大切さを学びました。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

このWEBサイトが皆様の保険選びの一助になれば幸いです。

これからも保険を有効に使い、皆様と皆様の大切な方が幸せになることを祈っております。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional