ソニー生命 ライフプランナー山本正明公式サイト へようこそ

hoken1.html

保険に入る目的

私は、お客様と保険のお話をする時、必ず、保険に入る目的を確認します。
大きく3つあるのですが、判りますか?と尋ねます。
大概の方は、1つか2つは答えられます。

その3つとは、

1つ目は、万が一の死亡保障です。

もし収入を支えている方が亡くなられたらいくらあれば足りると思いますか?
とお聞きしますと、多くの方は、より多く欲しいといいます。
そこで、今、いく ら入っていますか?とお聞きしますと、
半分以上の方は、知らないと答えられま す。

でも、いくら払っていますか?の質問には、 90%の方が答えられます。
いくら払って、万が一があると、いくらもらえるかを知らない人があまりにも多いのです。
費用対効果が良いのか悪いのか?足りているのか、いないのか?
ライフプランニングという手法を使えば、よく判ります。
知っているのと、知らないのとでは、長い人生で、大きな差となって現れます。

2つ目は、万が一の入院保障です。

入院したらいくらもらえるか知っていますか?とお聞きしますと、
70%ぐらいの人が1日5000円とか1日10000円と答えます。
それで足りますかとお聞きしますと、
知らないと答える方が、大部分です。入院保障は多いにこしたことはありませんが、長寿に対応した保障になっているのか、いないのか?費用対効果が良いのか悪いのか?よく検討する必要があります。

3つ目は、若い間に万が一が無かった場合の老後費用です。

学資保険は、子供が18歳の時に契約者(お父さん)に万が一があったとしても
必ず、保険金が入ってくる仕組みになっています。
子供が生まれて18年後にはお 金が必要になるということで、
学資保険のことは、皆さん気がつくのですが、 30年後、40年後の自分の老後費用、特に、60歳から70歳ぐらいまでの今後、年金が出なくなるであろう期間の費用について考えている人は、非常に少ないのです。 若い間は保障があって、歳がいってからは、その保険料が増えてもらえるような 保険、あったらいいですね。

実は、あるんです。

この3つの目的を達成した保険をつくるには、
万が一が無いケースでの子供の教育費、住宅ローンの費用、入院保障や介護、
年金金額等を検討し、ライフプランをシミュレーションしてみることが、重要です。
そして、それができる担当者をつけておくことが大切です。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional